ピロリーナの「今日もくじら日和」

鯨のさえずりは、切りにくい・・・

何を隠そう私は鯨肉を切るのが苦手です。

中でも、なかなか切りにくいのは、この”さえずり”・・・くじらの舌です。

ぷるぷるぷる~ ぶよぶよぶよ~ としている食感が美味しいのですが

その反面、解凍すると切りにくいという性質を持っています。

これはちょっと太めに切ってしまいました・・・・・・(゚Д゚)

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

いやーバレンタインのブラウニーを焼きながら、くじらの解凍をしていたら

あっという間に全解凍してしまって、ぶよぶよになってしまったの。(;^ω^)

ちなみに、ボウルにぬるま湯をいれて、真空パックのままつけて置けば、すぐ解凍できます!

自然解凍より便利!

さえずりの奥に見えるのは、ボイル須の子 という珍味。

 

美味しそうでしょ? これ、畝須(うねす)の須の子の部分をボイルしたもの。

さえずりの脂身の美味しさもいいけど、その付け合わせにサッパリとした鯨肉を食べるのも通!

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

薄く塩味がついていて、ハム感覚で食べられます。私は大好き。

さえずりに比べてマイナーな商品ですが、鯨の缶詰の大和煮の原料になってる部位なんです。

 

さて、問題の切りにくい、”さえずり”ですが、解決方法は一つ。

半解凍で切るということ。

表面が軽く溶けたな、っておもったら中の芯は凍ってますので、切りやすい。

あんまり太く切ったら、口の中脂まみれになりますからね、スライスも、鯨の美味しさの決め手です!

そして、使い切るのが一番なんですが、残ったらサランラップで密封!

チルド室に入れて早目に使い切りましょう!(味が落ちます)

 

 

 

 

 

 

 

 

ボイル須の子は、名前が似ている脂須の子とは全く異なります。

好評発売中!pirolinaの『喜び働く大人の背中はワンダーランド』新曲の『鯨食系女子』を含む、クジラソング3曲入りの計10曲。iTunes/楽天市場/amazon/タワーレコード/HMV等全国CDショップ、ネットショップ等
Twitterバナー
Twitter