ピロリーナの「今日もくじら日和」

最前線の特権

「美味しいくじらをね、お届けすることは当たり前なの。

ご注文頂いたお客様の気持ちに寄り添って、

その気持ちをギフトにしてお届けすることが、いちばん大事なの。

鯨が主役ではないんだよ。

私達は、その手助けをしているということを忘れないで。

そしたらね、お客様からあなた宛に声が届いてくるよ。

それが直接感じられるのは、あなたが最前線で接している特権なんだよ」

 

「メールの向こうには生身の”人”が居るんだよ。でも見えないよね、

お客様もこちらが見えないから不安なんだよ。

友達や家族や大切な人に接するような気持ちで、書いてごらん。見えてくるから。

自分の言葉にして、書いてみて」

 

これは、新しく受注担当になった新スタッフへの言葉。

わたしは仕事を教えるとき、「やり方」も大事だけど、「在り方」を常日頃、何度も言っている。

 

私達は、どう在るべきなのか。

その在り方があって、初めて全てに意味を持つと思う。

だからこの作業があるのか、だからこれが仕事になるんだ、だからこれが、喜ばれるのか。

その意味がわからず作業の一部をやっていては、そこには何も無い。

無いから、雑になる。考えなくなる。問題点があっても、気づかなくなる。

笑顔もなくなる。楽しむこともない。そこから工夫も生まれない。

仕事は結果だけれども、在り方をなくしては、存続無し。

と、わたしは思っている。

 

■鯨肉を美味しそうに食べるスタッフ

 

 

好評発売中!pirolinaの『喜び働く大人の背中はワンダーランド』新曲の『鯨食系女子』を含む、クジラソング3曲入りの計10曲。iTunes/楽天市場/amazon/タワーレコード/HMV等全国CDショップ、ネットショップ等
Twitterバナー
Twitter