ピロリーナの「今日もくじら日和」

お互い様の梅の実

今年は梅酒の他、頂いた平戸の梅で梅シロップと梅のはちみつ漬けを作った。

五島市に住んで、少し田舎っぽいことをしてみようという試みだ。

梅シロップは1週間ほどで美味しそうな汁気が出てきた。

これをはて、長持ちさせるには・・・とググッたら過熱するのが良いと書いてある。

「余ってる氷砂糖はどうすればいいかな~」と夫に聞いたら「一緒に鍋に入れればいいよ」と言うので、シロップを鍋に入れ火にかけ、瓶に余っていた氷砂糖も移す。

しばらくすると煮えたきってグツグツ。あれれ、なんか粘り気が・・・と思ったらドロドロになってしまった。

え、これって最早もうシロップではないのではないか。

と不安に思って、ねばねばとした物体をコップに入れて水を入れると、みるみるうちに水あめに!

失敗である。

わたしは激しくショックを受け寝室に閉じこもった。だって、この梅の実はスーパーで売ってる梅ではない。頂いた梅だったからだ。10年前の青春を思い出す梅だったからだ。

 

 

 

 

 

 

 

しばらくして台所へ行くと、夫が余った梅の実を甘露煮にして、シロップを工夫して飲めるようにしていた。

「やろうとしたことは、最後までやらないと」と夫がおどけて言う。

いつもそうだ。わたしは途中でわざと見せつけるように投げ出す表現をする。

そしてそれを夫が見かねて解決する。または面倒をみてくれる。

そのパフォーマンスをしてしまうのは、わたしの甘えだ。

でもその甘えを受け止めてくれるからこそ、わたしは日頃、出しっぱなしの夫のものを片づけたり、見えない家事や育児ができるのだ。

 

好評発売中!pirolinaの『喜び働く大人の背中はワンダーランド』新曲の『鯨食系女子』を含む、クジラソング3曲入りの計10曲。iTunes/楽天市場/amazon/タワーレコード/HMV等全国CDショップ、ネットショップ等
Twitterバナー
Twitter