ピロリーナの「今日もくじら日和」

くじら料理のこと

くじらレシピ、完成まで何度も試作するので、けっこう時間がかかります。

日常の家族の夕飯の一品のついでに・・・という風にはできません。それが出来るのは、レシピが完成された時。

また、ヒントやアイディアは、日々の営みから生まれます。机の上でじ~っと頭を動かすだけではなく、あ、テレビでこれこないだやってたな、鯨肉でやれそうだな、とか、料理を作りながら、これに鯨って合う気がする。でもこれは難しいな、など、自分の料理のスキルアップや食材への知識が増えていくこと、日々の積み重ねです。

やっつけ仕事で料理を作る時と、新しい味や素材、作り方に出会える時のときめきは、やっつけではありません。でもそれはときめく心の余裕と時間がある時。「ああ、これ食べたいなぁ」と思える心の余裕もある時。そういうのってとっても大事だなぁと思います。

でも、忙しい現代、簡単で美味しくパッとできる料理がいい、と思います。

でもこの、簡単で美味しくパッとできるって、その人のスキルによっても全然違うと思うんですよね。

レシピで大さじ1、小さじ1、とか計って作るのってとっても面倒。わたしはそう思います。

だいたい目分量で作る自分の味にしてしまえば、段取りが早いのです。

しょうゆはドボッとこれぐらい入れたら大さじ1、など分かった方がいい。

これが出来たらどんどん料理は早くなる。

 

くじら料理は難しい、と思いがちです。

でもそれは、冷凍鯨を解凍する方法がわからないから。

また、鯨の肉がすぐ硬くなるから。などなど。

でもポイントを押さえていけば、全然大丈夫!こんなに低カロリーで高たんぱく質で美味しい肉、他にありませんよ!

★鯨赤肉の熟成解凍方法

好評発売中!pirolinaの『喜び働く大人の背中はワンダーランド』新曲の『鯨食系女子』を含む、クジラソング3曲入りの計10曲。iTunes/楽天市場/amazon/タワーレコード/HMV等全国CDショップ、ネットショップ等
Twitterバナー
Twitter